クレジットカードのショッピング枠現金化にご注意ください

クレジットカードのショッピング枠現金化という商法を事業とするサイトに注意してください。

無審査・高還元率・高換金率と謳い、資金需要者に向けていかに申し込みさせるかと考え抜かれた、煌びやかなサイトデザインで営業をしていますが、2011年にキャッシュバック型の現金化業者の経営者および従業員が逮捕された事を皮切りに、毎年のように貸金業法 違反で検挙されています。

メルカリというスマホアプリで現金の出品がなされていた事が、Yahooニュースやまとめサイト等で取り上げられていた事で「社会問題」として注目があつまっています。

クレジットカードのショッピング枠現金化は違法として考えるべき理由とは?

安心安全!」「公安委員会許可店」「審査不要」・・・etc

もしクレジットカードのショッピング枠現金化をお考えの方がご覧になっている事を考え、申し込みしようとする気持ちを全力で折る為の記事となりますが、現実から背を向けずに最後までご覧いただけますと幸甚です。

当記事のように注意喚起している情報もあれば、この現金調達方法を肯定するサイトまで無数にありますが、どちらにしても都合のいいポジショントークである事が多く、実際どのような形で行われているものなのか説明が足りておらず、後者であれば換金手続き後に起こり得る事柄についての説明は一切ありません。

業者で用いられる換金方法は2通りがあると言われており、どちらにしてもクレジットカードを決済し、決済金額に応じた金額を受け取る仕組みでありますが、決済金額より受け取る金額が上回る事はありません。

それでも高い換金率・還元率であると謳い集客をしている様子ですが、世間一般的な金策の代表である消費者金融とクレジットカードのショッピング枠現金化業者を比較した場合、一体どちらがお得に利用できるのかお判りになりますでしょうか?

A さん

クレジットカードのショッピング枠現金化は利息制限法・出資法の範囲内ですか?

DEBT博士
2017年現在、貸金業者は利息制限法と出資法で定められている上限金利の中で、資金需要者に対してサービスを提供していますが、現金化業者で提供される換金率・還元率を前述した法律に換算してみますと、全ての業者が上限金利を大幅に超える金額になるのです。

決済金額と受け取る金額だけで考えても既に違法の金利状態ですが、実際に手続きをしたとしましょう。

クレジットカード会社から請求が来るわけですが、ここで支払い方法を分割やリボ払いで行う事を考えますと、決済金額に対しての金利が掛かります。

「決済金額と受け取った金額との差額クレジットカード会社に支払う金利手数料=債務

それでは、全て違法では無いのかと言いますと、違法と判断されて逮捕された業者もあれば、今現在も営業をしている業者がありますので、クレジットカード決済がどのような形で行われているのかが合法と違法の分かれ目になっています。

DEBT博士

クレジットカードのショッピング枠現金化業者の違法性

メルカリでクレジットカードのショッピング枠現金化が利用できるとして話題になりましたが、メルカリの騒動からも察する事が出来るように、業者に申し込みをすると、商品を購入する事が換金の手順に組み込まれ、以下の要領で現金調達が出来るとされています。

  • 購入した商品に現金が特典として付いているとして現金を受け取る「キャッシュバック」
  • 購入した商品を業者に買取をしてもらう事で現金を受け取る「買取」

前者は販売を促進する方法として行われている機会は多く、後者であればあらゆる買取業がある様に、パッと見ただけでは違法性を感じさせません。

しかし、用意されている商品はクレジットカードのショッピング枠を現金化する為に使われる商品であり、その商品が欲しいから購入するという事ではありません。

換金を目的に購入する事が問題で、クレジットカードを発行する全ての企業が換金を目的にした利用を禁止しています。

クレジットカード会社の利用規約は法律ではありませんので、クレジットカードのショッピング枠を現金化を利用してお金を得る事は違法では無いという解釈は間違いです。

ルールを逸脱した利用方法も問題ですが、換金した事でクレジットカード会社からの請求を支払う事ができないとなれば、クレジットカード会社に対して利用者が詐欺を働いていると見なされてもおかしくは無いのです。

そして、違法性が無い取引であるかの様に行われている手続きの延長には、クレジットカードのショッピング枠現金化は利息制限法・出資法の範囲内ですか?でもご紹介したように、①法律の枠を超えた金利を現金化業者は受け取っている事②キャッシュバックや買取を悪用した貸金業として無登録営業を行っている事からも、クレジットカードのショッピング枠現金化を業としている以上、ヤミ金融業者であるという事です。

換金を目的にした利用が禁止されている事は、現金化業者も承知しているでしょう。

しかし、資金需要者が経済的な悩みを抱えている事を逆手にとって、換金したらクレジットカード会社に換金した事を伝えにくいという弱みを握ろうとしていると考えるべきで、もし既に換金をしてしまった方でも、これによって今現在困窮している方もヤミ金対応の専門家に今すぐ相談してください。

記事
クレジットカードのショッピング枠現金化にご注意ください
タイトル
クレジットカードのショッピング枠現金化にご注意ください
説明
クレジットカードのショッピング枠現金化はダメゼッタイ!
執筆者
メディア
債務整理ナビ
メディアロゴ
債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所【債務整理】イストワール法律事務所

関連記事

特集:債務整理の種類別,費用について

  1. 過払い金請求の事務所別費用一覧

    [box style="alert"]注意 過払い金請求ができる可能性について、2017年を目処に…
  2. 個人再生(民事再生)の事務所別費用一覧

    今回は、債務整理の一つとして数えられる個人再生(民事再生)の費用について、弁護士事務所と司法書士事務…
  3. 闇金被害問題の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  4. 自己破産の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  5. 特定調停の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  6. 任意整理の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  7. 任意整理を弁護士に依頼する時の費用とは?

    債務整理の一つである任意整理とは、司法書士だけでなく弁護士に相談する事も可能な事案です。 今回…
  8. 任意整理を司法書士に依頼する時の費用とは?

    債務整理の一つである任意整理とは、弁護士だけでなく司法書士に相談する事も可能な事案です。 今回…
  9. 債務整理を依頼する時の費用(報酬)の相場とは?

    司法書士や弁護士は債務整理だけが専門家では無く、事案とそれぞれの士業の役割をもっていろんな方々の依頼…

月刊連載企画「女子は食わねど高楊子」

任意整理のエストリーガルオフィス

債務整理アンケート

新着順:債務整理専門家

  1. 弁護士法人i本部東大阪法律事務所が得意とする事や強み 弁護士として、これまで数百件の債務整理に…
  2. 吹田合同司法書士事務所が得意とする事や強み 吹田合同司法書士事務所の5つの安心 無料相談…
  3. リーベ大阪法律事務所が得意とする事や強み 「liebe」とは、ドイツ語で「愛」を意味します。 …
  4. にっせい法務司法書士事務所が得意とする事や強み 「明日の返済ができない!」 「マイホーム…
  5. 渋谷徹法律事務所が得意とする事や強み 予期しない離婚問題、こじれる相続問題、突然の交通事故、貸…
  6. 弁護士法人SOLA法律事務所が得意とする事や強み 債務整理(任意整理、自己破産、過払い金返還請…
  7. クローバー総合事務所が得意とする事や強み 任意整理・債務整理のことは東京のクローバー総合事務所…
  8. 新都心法律事務所が得意とする事や強み 私の事務所はスタッフを入れて5名の小さな事務所ですが、そ…
  9. KAI法律事務所が得意とする事や強み KAI法律事務所は、弁護士5人の法律事務所です。全員が所…
  10. 名村法律事務所が得意とする事や強み 多額の借金や多重債務に陥った時の借金整理手続きの総称が債務…
ページ上部へ戻る