闇金業者の厳しい取り立てを止めさせる方法とは?

我々は人間として生きている以上、古くから存在している貨幣社会の基で生活を営む必要があります。

収入を得る為には基本的に仕事をする必要がありますが、沢山の職業があり、「世界は誰かの仕事でできている」なんてキャッチフレーズが缶コーヒーのCMでありますが、「お金を貸す」ことも貸金業として立派な業種として成立しているのが世の中です。

貸した事によって利息を受け取る事で貸金業者は利益を生んでいる訳ですが、幾らでも利息を受け取ってもいいという事は無く、日本ではしっかりと法律によって資金需要者(借りた人) を保護しています。

貸金業者の全てがヤミ金融ではありません

お金を借りたら返す事は当たり前であり、お金ではなくても物の貸借りや恩を受けたらお返しするなど、少なくともこのように親から教育を受けてきたはずです。

借りた事による自責の念が自分自身の心を蝕んでしまう事も重々理解できますが、借りた以上は返す事が責務である事に揺らぎはありません。

貸金業者は闇金であろうがなかろうが、債務者(資金需要者)に返済をしてもらうように催促をしたり、見出しのように取り立てをする事があります。

“取り立て”と聞きますと印象が悪いイメージしかありませんが、取り立て行為そのものが違法ではありません。

だから何でもしていいだろ、ではなく、取り立て行為の中で行ってはいけない事について法律でしっかり決め事があります。

法律で禁止されている取り立て行為について把握しましょう!

ご利用されている貸金業者が闇金業者であるか否かは、利息制限法出資の受入れ、預かり金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)で定められている上限金利を超えているかで判断する事ができます。

A さん
「法律の範囲内で貸し出しされているから違法ではないのか・・・」
DEBT博士
いえ、まだ違法、闇金業者であると断定はできません。

適正な利率で貸金業を営んでいるとしても、無登録で営業していたり、貸金業の登録制度に違反する組織であれば法律で罰せられる対象になりますし、下記のように取り立てにおける禁止事項に該当すれば、借りている貸金業者は闇金業者である可能性が非常に高いと言えます。


  • 取り立て時間の規制。正当な理由なく、午後9時から午前8時までの間に自宅に訪問したり、電話で催促すること
  • 暴力的な態度をとったり、大声をあげて威圧したり、複数人で自宅を訪問したりすること
  • 家族や知人、職場など支払い義務のない者に対して取り立てをすること
  • 自宅にはり紙や落書きなど、借金に関する事実を公表すること
  • 弁護士に借金整理を依頼して、委任したという通知を受けたあとに取り立てを行うこと

悪意に満ちた悪質な取り立て行為や多重債務者の問題が深刻化した事が、テレビの特集でも取り上げられ、債務者が自殺に繋がっている事が1980年代から1990年代にかけて社会問題となり、取り立て行為の対応を法律によって規制する事態にまでなりました。

21世紀になってからも当然こうしたルールを守らずに、今なお資金需要者に対して貸し出しをしている闇金業者が存在しているのが現実で、氷山の一角として毎年いくつかの闇金業者が検挙されています。

結論:闇金被害は専門家に今すぐ相談してください

闇金業者に対して取り立てを辞めるように資金需要者が抗議をしたところで、相手はそれも承知の上で営業をしているのですから簡単に終わる事はありません。

闇金業者が怖いと感じるのは誰もが同じですが、彼らは法律を犯して我々資金需要者から詐取し、そのお金で生活を営んでいるのですから臆する必要なんて毛頭もありません。

借金の返済で困っている場合についても冷静に判断できる専門家に相談すべきで、例えば弁護士に借金整理を依頼すると、弁護士は貸金業者に対して受任通知を発送します。

受任通知を受け取った業者は取り立てをすることができなくなります。(送付の入れ違いによるズレが生じますのでなるべく早く手続きを行うべき)

これは貸金業法 による規則の一つで、違反すると2年以下の懲役、300万円以下の罰金、または併科が貸金業者や従業員等に科せられます。

専門家に相談または依頼することで、専門家が返済が可能な額まで債務を減らすように業者と交渉し、債務者にとって有利な形で和解を目指す事ができます。

中には専門家が味方になった事が分かっただけで、相手方は詐取しようとする事を諦める傾向があるようで、お金にならない事は煙たがるのが悪巧みをする方々の特徴ですが、取り立てが止まったから良いという事はありませんよね?

闇金業者に対しては一銭も支払う必要が無い事が、今の日本の法律で決められている事ですから、これまで支払い続けていた利息のみならず元金までも回収する事は理論上可能です。

悪質な取り立てを止めたくて相談するだけではなく、返済困難な債務状態を打破するために一刻も早く依頼するのが賢明でしょう。

記事
闇金業者の厳しい取り立てを止めさせる方法とは?
タイトル
闇金業者の厳しい取り立てを止めさせる方法とは?
説明
闇金業者の厳しい取り立てを止めさせる方法は第一に相談です。
執筆者
メディア
債務整理ナビ
メディアロゴ
債務整理の相談ならしおり綜合法務事務所【債務整理】イストワール法律事務所

関連記事

特集:債務整理の種類別,費用について

  1. 過払い金請求の事務所別費用一覧

    [box style="alert"]注意 過払い金請求ができる可能性について、2017年を目処に…
  2. 個人再生(民事再生)の事務所別費用一覧

    今回は、債務整理の一つとして数えられる個人再生(民事再生)の費用について、弁護士事務所と司法書士事務…
  3. 闇金被害問題の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  4. 自己破産の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  5. 特定調停の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  6. 任意整理の事務所別費用一覧

    債務整理ナビでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に…
  7. 任意整理を弁護士に依頼する時の費用とは?

    債務整理の一つである任意整理とは、司法書士だけでなく弁護士に相談する事も可能な事案です。 今回…
  8. 任意整理を司法書士に依頼する時の費用とは?

    債務整理の一つである任意整理とは、弁護士だけでなく司法書士に相談する事も可能な事案です。 今回…
  9. 債務整理を依頼する時の費用(報酬)の相場とは?

    司法書士や弁護士は債務整理だけが専門家では無く、事案とそれぞれの士業の役割をもっていろんな方々の依頼…

月刊連載企画「女子は食わねど高楊子」

任意整理のエストリーガルオフィス

債務整理アンケート

新着順:債務整理専門家

  1. 渋谷徹法律事務所が得意とする事や強み 予期しない離婚問題、こじれる相続問題、突然の交通事故、貸…
  2. 弁護士法人SOLA法律事務所が得意とする事や強み 債務整理(任意整理、自己破産、過払い金返還請…
  3. クローバー総合事務所が得意とする事や強み 任意整理・債務整理のことは東京のクローバー総合事務所…
  4. 新都心法律事務所が得意とする事や強み 私の事務所はスタッフを入れて5名の小さな事務所ですが、そ…
  5. KAI法律事務所が得意とする事や強み KAI法律事務所は、弁護士5人の法律事務所です。全員が所…
  6. 名村法律事務所が得意とする事や強み 多額の借金や多重債務に陥った時の借金整理手続きの総称が債務…
  7. ジャパンネット法務事務所が得意とする事や強み ジャパンネット法務事務所は、お客様の身の回りに起…
  8. 過払い請求、債務整理の無料相談は大阪の吹田合同司法書士事務所へ。 払いすぎた借金返済や自己破産など、…
  9. 一人で悩まないでまずはご相談ください!! 弁護士法人i本部東大阪法律事務所(近鉄大阪線・奈良線・布…
  10. 債務整理なら、大阪府大阪市の大阪弁護士会所属、リーベ大阪法律事務所へ。 債務整理(自己破産、任意整…
ページ上部へ戻る