クレジットカードと債務整理について

クレジットカードと債務整理について
男性
クレジットカードは現金がないときに使えるし、実質支払いを先延ばしすることができることをいいことに使い過ぎてしまいました。
DEBT博士
上限金額を決めているカード会社が悪いわけでなく、他人が勝手に自分のクレジットカードを使っていたならまだしも、私利私欲で使っているのですから、支払いをすることが道理です。
クレジットカードには2つの与信枠がついており、キャッシング枠とショッピング枠が備え付けられています。
キャッシング枠とショッピング枠それぞれ限度額が同じ方が入れば、別々に上限金額が定められている方もいますが、どちらの与信枠を利用しても債権であることに変わりません。
つまり、キャッシング枠の支払いを滞納している時・ショッピング枠の支払いを滞納している時のいずれも、同じカード会社に対する債務を抱えていると認識してください。

債務整理の方法別によるクレジットカードとの関係

クレジットカードと任意整理

任意整理
任意整理をすることはできます。
ショッピング枠は利息制限法の範囲外で提供されるサービスのため、借金そのものを減額することはできませんが、リボ払いや分割払いで発生する将来利息のカットと弁済の期間を見直すことが可能です。

クレジットカードと個人再生

個人民事再生
個人再生をすることはできます。
ショッピング枠で購入した貴金属・宝石類はカード会社に引き揚げられる可能性だけでなく、ショッピング枠で購入していない資産も換価の対象です。

クレジットカードと自己破産

自己破産
自己破産をすることはできます。
個人再生と同様に購入した商品は引き揚げられる可能性があるだけでなく、クレジットカードによる自己破産でない場合と同様に資産を処分されるほか、持ち家がある方は手放すことになるでしょう。(手放したくない場合は個人再生を)

クレジットカードと過払い金請求

過払い金請求
過払い金請求をすることはできます。
任意整理でご紹介したように、ショッピング枠では過払い金の概念がありません。しかし、キャッシング枠で利息制限法を超えて取引しているのであれば請求することは可能です。消費者金融を利用したことは無くても、キャッシング枠を利用していた方は取引履歴を確認することがオススメです。

クレジットカードと特定調停

特定調停
特定調停をすることはできます。
調停は相手が応じることが決まっていないだけで無く、必ずしも債務者にとって有利な調停となる保証もありません。カード会社を相手取った調停も、他の債権者と同様の手続きです。

債務整理してもクレジットカードは発行してくれる

債務整理してもクレジットカードは発行してくれる

クレジットカードの利用資格を延滞・債務整理することで会員資格を失いますと、信用情報機関で”ブラックリスト”として事故履歴を残します。

返済・弁済という債務の履行を全うぜずに、利用停止となったわけですから、すぐにまたクレジットカードを発行してくれることはなく、相手のことを考えられれば何も知らなくても想像に容易いでしょう。

女性
じゃあどうすればまた利用資格を得ることができるの?
DEBT博士
発行側が見るポイントを理解しましょう。そして、それをスコアリングして評価することにより、「この人に発行をしてもいいのか」という基準を各社で異なる基準を設けているのです。
男性
信用情報機関の登録期間を経過したので、債務整理した時の債権者であるカード会社に、また申し込みをしても審査は通りますか?
DEBT博士
信用情報機関の保管とは異なり、カード会社が独自で履歴を保管している場合、あらためてスコアリングの結果とカード会社の判断によりますので、どちらの結果も十分にあり得ます。
申し込み用紙にある項目がスコアリングの対象であり、嘘偽りの情報を記述し審査に通ったとしても、多少の誤差や勘違いは許容の範囲内ですが、それは後に自分を苦しめる結果になるだけでなくカード会社に対する詐欺にあたります。
クレジットカードのスコアリング
職業人は働いて収入を得ることが基本です。職なしでは高い評価が得られませんね。
年収名義人本人だけでなく、家族の収入と合計した世帯収入の記載を記載することもあります。年収とは税引き前の額面額であり、手取りで記述するものではありません。去年よりも現在お給料が上がったとしても、見込みで考えるのではなく、すでに確定している去年の1月~12月までの年収を記述しましょう。
延滞履歴信用情報機関に保存されている情報を元にします。つまり、他社で延滞履歴は共有されていると言えます。すでに支払い済であっても、過去に延滞したことがあると、延滞したことのない方と比べて評価されることはありません。
借金状況借金があるからダメではありません。その金額が大きくなく、利用額の支払いに支障を来たす恐れについて危惧しているものです。延滞履歴は無くても借金が膨れ上がっていれば、延滞の手前と判断することは容易ですね。
勤務先の資本金勤務先に対して発行しませんが、カードを持つことになる人の経済環境を示す上で重要なポイントです。会社の規模や体力を示すのが資本金であり、勤務先は個人の信用を高める要素になっています。
勤務先の従業員数従業員数の数も多ければ、信用力も上がります。いくら資本金が高くても従業員数が多いとは限らないからです。不安定な職よりも倒産しにくい勤務先の方が発行する側としても安心ですよね。
勤務先での勤続年数安定した収入の確保こそが最重要。上限金額が低い・高いに限らず、支払い続けられる収入源の確保が大切に見られているため、勤続年数が長い方が信用されやすいのは当然です。
年齢ステータスの高さで有名なダイナースクラブカードは、満27歳以上で無ければ門前払いです。年齢に重きを置いているのはダイナースクラブカードだけ。若くても経済環境がよい人はいますので、その他カード会社では他の項目よりも重要視されていない様子です。
家族構成家族も多ければいいということではありません。家族と同居されている方は世帯収入を計算する項目もあります。その年収に対して同居する家族が多いと評価されません。
住居持ち家・賃貸・社宅のいずれかを記入しますが、持ち家の場合には、住宅ローンの有無も重要視されます。当然、実家や社宅のように固定経費がかかりにくい方が評価されやすく、社宅であれば会社の福利厚生に関わるために勤務先の一連で評価されます。

カード会社が違っても、見るべき項目は同じです。

DEBT博士
しかし、その基準が会社ごとに違うために「こっちは審査が通ったけど、あっちはダメだった」と言われる所以であり、これはカード会社に限らず貸金業者のすべてにおいて起こり得ることなのです。
信用情報機関について詳しく知りたい方は、サイト内の別記事:債務整理と信用情報機関の関係(ブラックリストの仕組み)でまとめています。

クレジットカードと債務整理のまとめ

クレジットカードと債務整理のまとめ

  • ショッピング枠・キャッシング枠のどちらも債務整理の対象とすることは可能
  • ショッピング枠・キャッシング枠のどちらか「片方のみを債務整理する」と指定はできない
  • ショッピング枠で購入した商品を、債務整理によってクレジットカード会社に引き渡す可能性もある
  • カード会社は貸金業者に該当する。キャッシング枠は、貸金業者から借り入れするサービスとまったく同じであり、クレジットカードだから特別な対応があるわけではない
記事
クレジットカードと債務整理について
タイトル
クレジットカードと債務整理について
説明
クレジットカードと債務整理について、徹底的に要約しました。
著者
メディア
債務整理ナビ.link
メディアロゴ

関連記事

  1. 強制執行とは?-差し押さえの仕組みと手続きについて-

    強制執行とは?-差し押さえの仕組みと手続きについて-

  2. 司法書士と弁護士のバッジ

    債務整理を相談したい!司法書士と弁護士の違いとは?

  3. 時効援用とは?

    時効援用とは?

  4. 奨学金の負債で債務整理を検討する男性

    奨学金の返済ができない!奨学金の負債は債務整理できる?

  5. 総量規制とは?

  6. 法テラスの適用要件とは?

    法テラスの適用要件とは?費用を抑えて債務整理をすることができる!

  1. 勝浦総合法律事務所

    勝浦総合法律事務所【本店:東京都港区】

    2018.09.28

  2. ゆきあかり法律事務所

    ゆきあかり法律事務所【札幌市】

    2018.09.26

  3. 奨学金の負債で債務整理を検討する男性

    奨学金の返済ができない!奨学金の負債は債務整理できる?

    2018.09.22

  4. 舞鶴法律事務所

    舞鶴法律事務所【甲府市】

    2018.08.28

  5. 大浦法律事務所

    大浦法律事務所【富山市】

    2018.08.21

  1. 自己破産

    自己破産の費用を事務所別に比較

  2. 任意整理

    任意整理の費用を事務所別に比較

  3. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題の費用を事務所別に比較

  4. 特定調停

    特定調停の費用を事務所別に比較

  5. 過払い金請求

    過払い金請求の費用を事務所別に比較

  6. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

アンケート