多重債務者を狙う悪徳業者に要注意!手口も大公開します!

被害者
悪徳店員A
もしもし、Gさんのお宅ですか?多重債務を抱えている方に向けた、オトクな金融サービスのご紹介ですがいかがですか?
Gさん
多重債務者を対象に、おまとめローンというサービスがあるのですが、これって返済が楽になるから申し込んだ方がいいかい?
悪徳店員B
債務整理したことのある方でもお金を貸すことができますけどどうですか?奥さん。
主婦さん
むかし借金していたことがあったんです。債務整理した後で生活に困っているんですよね…。当時取引している債権者以外から審査が緩い融資の話が来ましたが、これって安全かな?
このような多重債務者をターゲットにしてお金を儲けようとしている悪徳業者や、依頼者の弱みに漬け込んで暴利をむさぼるケースが増えています。

個人も法人も関係なく、被害が起きて社会問題に発展してから法整備の流れとなることが多いため、実際に被害を被ってから調べて気付く方が非常に多いとされていますが、いまだ注意喚起をするサイトの数は多くありません。

多重債務者を狙う悪人の手口とは?

現代人は疑問に感じる事や相談したい事がありますと、インターネットや雑誌、専門誌等で情報収集をします。

外から得られる情報無しには、我々は自ら取るべき行動の選択ができないものです。

人は皆、誰かのお世話になっています。

コンビニで買うお弁当やおにぎりも、当たり前のように利用している電車・自転車・今来ている衣服でさえも、名前も知らない”誰か”が関わっているわけです。

ある意味助け合いの中で生活しているのですが、最終的に取る行動は自己責任となるのが社会人ですよね。

それがお金を払って得た情報(雑誌・専門誌・新聞等)なのか、無料(インターネット・口コミ等)で手に入れたかに関わらず一度目にした情報の中でも、とくに自分自身の状況に好都合に見える内容には惹かれたり、記憶に残りやすいのが人間です。

とくに悪徳商法については、運営者側も悪徳である事を認識した上で広告するのですから誇大であったり、比較検討者たちの心を煽る言葉遣い・色・デザインで被害者を増やそうと企みを持っています。

世の中にはたくさんの悪徳商法が存在しておりますが、当サイトでは債務整理に関わる情報を発信しているということもあり、債務整理や多重債務者に関する4つの悪徳商法[整理屋・粉飾倒産整理屋(倒産整理屋)・紹介屋・買取屋]ついてこの記事で記述していきます。

整理屋(対象:個人・法人・事業主)

整理屋の悪徳店員C
あなたの借金を整理しますよ。そのために、手数料をお支払いください。司法書士・弁護士に依頼するよりも我々にお任せいただいた方が、より簡単に債務整理することができますよ。
整理屋を利用した男性
手数料を支払ったけど、債権者からの取り立てが止まらないし、何も進捗がない!!債権者に聞いても債務整理の話は知らないと突っぱねられてしまうんだけど何で!!

整理屋との接点をもつキッカケとして、以下のような広告文を雑誌やスポーツ新聞・街頭広告などに出稿し、多重債務者を集めようとしています。

  • 「借金の一本化をします」
  • 「サラ金、クレジットカードの債務整理をやります」

あたかも本物の弁護士や司法書士であるかのように偽り、債権者と交渉して債務整理をすることの約束が整理屋から提案されるところから始まりです。

その後は整理屋が立替をして債権者に支払うので、債務者は通常の債務整理と同様に「減額された債務を支払えばよい」と説明されて安心してしまいます。

整理屋は司法書士・弁護士をつかって貸金業者に介入通知をするので、取り立てはたしかに一旦止まりますが、取り立てが止まると債務者(借りた側)はすっかり信じ込み整理屋にお金を支払ってしまったらもう終わり。

一方ではじめから債務整理するつもりのない整理屋は取り立てを止める目的だけで専門家に依頼→業者への立替支払いを踏み倒し→時の経過とともに債務者への進捗が滞る→債務者が疑いはじめたころを見計らって、事務所を変更してさっさと逃げてしまいます。
DEBT博士
整理屋は債務者から得た情報と書類を使って勝手に過払い金請求を行い、そのお金まで持ち逃げ・適切な債務整理の手続きをしません。債権者に支払いが無いので取り立てが再開されることになり、債務者は借金総額がまったく減っていないことに気が付き愕然とするわけです。

粉飾倒産・倒産整理屋(対象:法人・事業主)

粉飾倒産・倒産整理屋の悪徳店員D
貴社の財務状況はいかがですか?審査の緩い金融を使い、事業を再建させるために私たちのお任せください。そのために、まずは預金通帳や各種印鑑を預からせてもらいますね。
粉飾倒産・倒産整理屋を利用した男性
なかなか再建計画が進まないし、連絡もなくなったな…あれ?預金残高もなければ財産が処分されている!?一体どういうことだ!!

普通ならお金が回らなくなって倒産という流れが頭に浮かぶものですが、意図的にお金を残して倒産をするということも実は可能です。

計画倒産とも言われ、これまで普通に取引していたから大丈夫かと思いきや、当事者ははじめから倒産するつもりでいる訳です。
お金を支払っている立場であれば泣き寝入りせざるを得なかったり、逆にお金を請求する側であれば本来振り込まれるはずのお金が無く、資金がショートして本当に倒産ということにもなりかねません。
DEBT博士
倒産させるためにお金があったとしても経理上の数字を粉飾し、安易に会社設立を行っている事がこの悪巧みをする方の特徴です。

紹介屋(対象:個人・法人・事業主)

紹介屋の悪徳店員E
貸金業者の〇〇の審査に落ちたんですか?そこよりも審査が緩くて、確実に借りることができる業者を紹介しますけど、手数料いただいていいですか?
紹介屋と接点を持ってしまった女性
紹介されたところから、また紹介されることになったけど、紹介料ばかり取られて借りられない…これって詐欺かしら?

紹介屋は、融資を希望する資金需要者がターゲットになっています。

実際に融資をしてくれるところに申し込みをしたつもりが、その業者では融資されずに他社を紹介する、つまり最初から融資などするつもりもなく、「ここならあなたでも貸してくれる」などと審査をしていないのに審査をしたかのように偽って業者に流し、手数料を得るという手口です。
DEBT博士
紹介した分だけ手数料を徴収されるので、その紹介屋を信じてしまい借りれるところが見つからず「借りた金で支払いをしよう」という心理状態になってしまっては、悪徳業者の企みにハマっています。

買取屋(対象:個人・法人・事業主)

買取屋の悪徳店員F
あなたのお家にある着物や貴金属・宝石にアクセサリーをぜひ買い取らさせてください。査定の申し込みをされてワザワザお宅に来たんですから、売っていただかない限り帰りませんよ。
買取屋の営業を受けている男性
まだ買取のお願いを決めていないのに、もう相手は取引するもんだと思っているようだ…たしかに来てもらって悪い気がするし、なかなか帰らないから取引するしか…。

なんらかの価値あるものを安く買い叩き、非合法な営業方法で買取をする業者のことです。

例で挙げた場面は、買取査定・出張買取に申し込みをしたところ、依頼者の意思がないにも関わらず買取を強制している様子ですね。

深夜の自宅訪問や買い取り代金を渡さないという手口以外にも、高級なブランド品や換金性の高い商品として有名な商品券や金券・その他家電製品等をクレジットカードのショッピング枠で購入させる手口も買取屋です。
DEBT博士
購入させられた商品を買取屋が買い取った体裁で現金を受け取る仕組みから、一見違法性は無いように感じますが、決済金額と受け取る金額には差額がありますので何も得する事はありません。
クレジットカードのショッピング枠現金化にご注意くださいで、この悪徳商法について解説しています。

多重債務者を狙う悪人の被害に遭った時の対処方法は?

対処に困る男性

悪巧みをしようとする悪徳業者は、はじめから相手を騙すつもりなので身分を隠していますから一筋縄でいくはずがありません。

一部ではこうした悪党と手を組んだ司法書士・弁護士があると噂されます。

こうした公益性のある士業ですから、氏名と所属が公開されているために決して逃げることはできないはずですが、「私も騙された」「知らなかった」などと言い訳をすることで逮捕から逃れているという情報を掲載するサイトがあるくらいです。

悪徳業者か否かはパッと広告を見たり説明を聞いたりしても、それとなく受け答えするものですから早々に見抜ける事はできません。

そこで、債務整理ナビ.linkのように悪徳業者の手口について知っておくだけで、未然に被害に遭うリスクがあったとしても適切な対処を取る事に繋がります。

被害に遭う前に知っておくという予防注射ではありませんが、騙されてしまってからでは、すでに相手は雲隠れをしているので身動きが取れません。

しかし、弁護士や司法書士のように経験豊富な専門家に依頼する事で、法律を武器にプロの観点から物事を進めていただけますので、相手方の刑事告訴に繋げたり廃業に追い込む事も可能です。

記事
多重債務者を狙う悪徳業者に要注意!手口も大公開します!
タイトル
多重債務者を狙う悪徳業者に要注意!手口も大公開します!
説明
多重債務者を狙う悪徳業者の注意喚起をしています。
執筆者
メディア
債務整理ナビ.link
メディアロゴ

関連記事

  1. 時効援用とは?

    時効援用とは?

  2. 司法書士と弁護士のバッジ

    債務整理を相談したい!司法書士と弁護士の違いとは?

  3. 不動産持ちの債務整理!任意売却のメリットと仕組みについて

  4. サービサー(債権回収会社)へ債権譲渡後の債務整理の方法は?

  5. 任意売却にはデメリットがある!

  6. ギャンブルが原因でも債務整理することはできますか?

  1. クレジットカードと債務整理について

    クレジットカードと債務整理について

    2018.06.12

  2. 時効援用とは?

    時効援用とは?

    2018.06.11

  3. 任意整理

    任意整理とは?

    2018.06.11

  4. 個人民事再生

    個人民事再生とは?

    2018.06.11

  5. 自己破産

    自己破産とは?

    2018.06.11

  1. 自己破産

    自己破産の費用を事務所別に比較

  2. 任意整理

    任意整理の費用を事務所別に比較

  3. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題の費用を事務所別に比較

  4. 特定調停

    特定調停の費用を事務所別に比較

  5. 過払い金請求

    過払い金請求の費用を事務所別に比較

  6. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

アンケート