個人再生(民事再生)と任意整理の違い

債務整理の中でもっとも手続きされる任意整理ですが、当然他の手続きを選択する方や専門家から任意整理とは異なる方法を勧められる事があります。

A さん
何とかなるんじゃないかと、これまで借金の事を考えないように生きてきましたが、とうとう専門家の方にお願いする事になりました・・・任意整理をする事よりも個人再生の方がよいとの話がありましたがなぜですか?
DEBT博士
債務額が大きいだけでなく、任意整理も個人再生(民事再生)も手続き後は返済を続ける事になりますが、任意整理の減額幅よりも個人再生(民事再生)の方が減額幅がただ大きいだけでなく、一部の債務について免責を認める制度であり、任意整理後の環境と比較して提案してくれたと判断できます。

個人再生(民事再生)と任意整理のメリットの違いとは?

ここでは得られるメリットについての違いをご紹介していきます。

任意整理よりも個人再生(民事再生)の方が適していると判断される場合とは、おおよその債務額と支払い原資や保有する資産の経済状況から、任意整理した場合でも、その後の生活が苦しむ事が予想される場合です。

つまり、減額幅は「個人再生(民事再生)」 > 「任意整理」ということになります。

債務の減額幅が任意整理よりも大きいということは、ある意味借金問題の大小が見えてくるとも言えます。

引き直し計算から始まる債務整理の手続きは、単純に債務の総額の大小で判断される事はなく、みんなそれぞれ収入や資産の内訳は異なる事から生まれるものです。

任意整理でもその後の生活を立て直せるという方であれば任意整理が選択され、任意整理の減額幅でも難しい方は個人再生(民事再生)、個人再生(民事再生)でも難しいという方は最終手段とも言える自己破産が適していると判断する事ができます。

当債務整理ナビ.linkでは、おおよその目安となる手続きの診断ができるコンテンツを用意していますので、まだ専門家にご相談される前でよく分からないという方は下記のリンクからお使いください。

個人再生(民事再生)と任意整理のデメリットの違いとは?

上記の個人再生(民事再生)と任意整理のメリットの違いとは?を見ると、「減額幅が大きいならこっちの方がいいじゃん」と普通はなりますよね。

実は限度額が大きいということは、任意整理よりもデメリットとなる項目が増えるということです。

つまり、限度額幅と同様にデメリットも、「個人再生(民事再生) > 任意整理」となるわけです。

とくにはじめての債務整理の相談を比較検討中にある方は、もっとも費用について一番気にされているのではないでしょうか?当サイトではそんな疑問についても調査をしています。

どうしても個人再生(民事再生)よりも任意整理がしたい!

必ずしも司法書士や弁護士から個人再生(民事再生)を勧められても応じる強制力はありません。

基本的には依頼人の決断によって手続きが決まり、専門家はそれに向けて動く事になります。

メリットもデメリットも踏まえ、専門家が着目する点は心理的感情よりも債務整理したのちの生活、つまり手続き後の返済生活を考えてくれているのです。

破産系とも言われる手続きですから、保有する資産を支払い原資に当てられますので、場合によっては生活レベルは確実に落ちるでしょう。

教育や保険、住宅に関わる生活支出を落としたくない、ご家族のある債権者にとっては苦渋の決断を強いられるかもしれません。

どうしてもというその時の見栄っ張りによって、任意整理後にやっぱり立ち行かず再生手続きをする事になる可能性も十分に有ります。

それでも専門家は、当事者が「どうしても任意整理をしたい!」ということであれば、これに拒否権も無ければ専門家の提案に強制力もありませんので、希望に応じて動いてくれるところがほとんどではないかと考察されます。

任意整理よりも他の方法を勧められる場合には、必ず専門家からシミュレーション等の説明を聞く事になりますので、よく考えて依頼するようにしましょう。

個人再生(民事再生)と任意整理の違いのまとめ

利息制限法による引き直し計算を行う任意整理だけでは、その後の返済が難しいと判断される場合に個人再生(民事再生)が勧められます。

収支バランスが崩壊している事については収入が高い低いは関係なく、むしろ高収入な方ほど借りられる金額は高い傾向がある訳ですから、債務額も大きくなりがちです。

必ずしも再生手続きが選択されるものではありませんが、その決断によってまったく異なる返済生活になります。

結局、債務整理をするということは自分の中で何か妥協点を作る事になりますね。

繰り返し債務整理をしなければならなくなる可能性が高い事が予測される場合には、デメリットについてもご紹介しておきながら難な事を言いますが、メリットとデメリットとして捉える以上に、「精神的負担の軽減」は債権額が減る事以外に生まれるものは有りません。

これはお金には変えることのできない、デメリットを大きく上回るメリットではないでしょうか。

記事
個人再生(民事再生)と任意整理の違い
タイトル
個人再生(民事再生)と任意整理の違い
説明
個人再生(民事再生)と任意整理の違いを解説します。
執筆者
メディア
債務整理ナビ.link
メディアロゴ

関連記事

  1. 小規模個人再生と給与所得者等再生の違いとは?【個人民事再生】

  2. 個人民事再生

    個人民事再生のクイズ

  3. 住宅ローン特則(住宅資金特別条項)はマイホームを維持する方法

  4. 個人民事再生

    個人民事再生とは?

  5. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

  6. 個人再生と民事再生の違いとは?

  1. 被害者

    多重債務者を狙う悪徳業者に要注意!手口も大公開します!

    2018.05.26

  2. 中日本司法書士事務所【松本市】

    2018.05.26

  3. 峯村伸吾司法書士事務所

    峯村伸吾司法書士事務所【長野市】

    2018.05.26

  4. 債務整理を依頼する時の費用(報酬)の相場とは?

    2018.05.25

  5. たけまえ司法書士事務所

    たけまえ司法書士事務所【草津市】

    2018.05.24

  1. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題相談

  2. 特定調停

    特定調停とは?

  3. 過払い金請求

    過払い金請求とは?

  4. 時効援用とは?

    時効援用とは?

  5. 任意整理

    任意整理とは?

  6. 個人民事再生

    個人民事再生とは?

  7. 自己破産

    自己破産とは?

  1. 自己破産

    自己破産の費用を事務所別に比較

  2. 任意整理

    任意整理の費用を事務所別に比較

  3. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題の費用を事務所別に比較

  4. 特定調停

    特定調停の費用を事務所別に比較

  5. 過払い金請求

    過払い金請求の費用を事務所別に比較

  6. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

アンケート