個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

個人民事再生

この記事では、任意整理よりも減額幅が大きいとされる手続き、個人再生(民事再生)の費用について、弁護士事務所と司法書士事務所をそれぞれ列に分けて一覧表示にして作成しました。

債務整理の手続きの中で、主に選択される方法は任意整理が中心となっていますが、個別の事案によってとくに住宅ローンを抱えている方や、持ち家を処分したくないという方に選ばれます。

調査していくうちに、ここでも司法書士と弁護士の費用の違いが現れましたので、個人再生(民事再生)を比較検討されている中で費用を重要視している方は要注目です。

※個人再生(民事再生)の事務所別費用一覧についての注意事項
・その他手数料が掛かることが予想されますので、あくまで目安としてお考えください。
・債権額に応じた費用設定を設けている事務所が数多くありますので、みんなが同じ費用ではありません。
・最新の情報を掲載する事に努めていますが、事務所側で予期せぬ変更がある場合があります。

司法書士事務所の個人再生(民事再生)に関する費用比較表

司法書士に個人再生(民事再生)を依頼する場合には、司法書士は代理権がありませんので申立代理人になってはくれません。

自分で裁判所に足を運ぶ必要もあれば、再生委員との直接的なやり取りも債務者であるご自身が表立って手続きをする必要がありますから、当然弁護士と請け負える業務と裁量が違います。

それでは何をしてくれるのかと言いますと、裁判所とのやり取りの中で必要な書類の作成代行、ならびに再生決定までのトータルサポートが業務内容です。

司法書士事務所住宅
着手金+報酬金
合計費用
住宅
着手金+報酬金
合計費用
おおぞら司法書士事務所270,000円220,000円
アストレックス司法書士事務所250,000円300,000円
アルスタ司法書士事務所350,000円300,000円
司法書士法人杉山事務所350,000円300,000円
ウイズユー司法書士事務所350,000円300,000円
しおり綜合法務事務所350,000円350,000円
アヴァンス法務事務所380,000円280,000円
アヴァンスレディース380,000円280,000円
アース司法書士事務所350,000円300,000円
新大阪法務司法書士事務所400,000円350,000円
司法書士法人 はたの法務事務所askask
ウォーリア法務事務所askask
司法書士法人みつ葉グループaskask

もともとの価格設定も減額幅が大きい事から費用は掛かります。

それでも任意整理の費用と比較すると年間依頼数が少ないからか、事務所別の費用設定はかなり異なってきます。

当然、表記している以上に印紙代やら予納金、再生委員を選任する必要性があると裁判所側で認められる事件では、その再生委員に対して報酬を支払う必要もあります。

これは、どの司法書士事務所に相談をしても掛かるものですから、上記の項目が一つの基準となるのは間違いありません。

弁護士事務所の個人再生(民事再生)に関する費用比較表

弁護士に依頼する事により、自らが裁判所に出向いて手続きをしなくても、弁護士が代理人としてすべての手続きを代行してくれます。

もちろん、司法書士が行う書類作成等もすべてコミコミの形ですから、弁護士は個人再生(民事再生)手続きにおいて取り扱い業務内容が幅広く行えるという特徴があります。

依頼したら全部任せられるというメリットは非常に大きいのですが、デメリットを強いて挙げるとするならば・・・その分、債務者であるご自身に請求される報酬も司法書士と比較すると高くなる傾向があります。

弁護士事務所住宅
着手金+報酬金
合計費用
住宅
着手金+報酬金
合計費用
Duelパートナー法律事務所ask300,000円
アース法律事務所432,000円324,000円
イストワール法律事務所460,000円370,000円
名村法律事務所500,000円500,000円
弁護士法人アドバンス500,000円400,000円
そうや法律事務所600,000円500,000円
弁護士法人東京ロータス法律事務所700,000円600,000円
新都心法律事務所ask450,000円
弁護士法人サンク総合法律事務所askask
おしなり法律事務所askask

基本的な相場は約50万円となっており、司法書士に依頼した時の相場は約30万円ですから大きな開きがあります。

それでも減額幅がデカイ手続きであり、債務整理に関する費用の請求は分割払いが基本ですから、債務で苦しむ生活から解放される事と引き換えても、決して高い金額ではないでしょう。

ちなみに弁護士に相談した場合でも、裁判所の判断で再生委員が選任される可能性があります。(もちろん報酬の請求もされます)

個人再生(民事再生)の事務所別費用についてのまとめ

司法書士、弁護士の両者に依頼しても、数十万円という高額の費用が発生します。

この報酬をお支払いしても再生手続きが選ばれる理由には、任意整理では問題解決が難しいレベルで負債総額が大きい場合や、収入と支出のバランスが大きく崩れてしまっている方が中心です。

このような高額の費用も債務額によっては安いと感じさせるくらいの債務額や余程の理由が無い限りは、ご提案される事はないでしょう。

債務者の方によっては、持ち家を所有する事を諦めて自己破産を選択される方もいらっしゃいます。

ここで筆者の知人も再生手続きをした経緯がありますので、ご紹介したいと思います。

彼は既婚者で子供も2人、仕事も高収入で一見は誰もが羨む一家です。

そんな彼が、個人再生(民事再生)をしました。

・・・・それだけではありません。その後に自己破産を選択しました。

彼を苦しめてしまった原因となる、支出の割合を大きく占めた項目は、背伸びをして購入した高級マンションの住宅ローンでした。

非常に家族思いが強く、教育熱心が災いになったのか、持ち家を手放したく無い、教育に関する出費は譲れないと固辞し、個人再生(民事再生)を選択しました。

債務整理をする前から、正社員の仕事以外にも休日や深夜にアルバイトをしながら、寝る間を惜しんで働き続けましたが、そんな生活は長くは持たず結局お家を手放す事を決め、自己破産をしました。

債務整理は人生でそうそう関わる事ではありませんが、1回だけしかできないとか、回数制限などはありません。

元々高収入の方で生活レベルを落としにくいのが人間ですし、専門家が提案する手続きであっても、「自分は嫌だ!」・「これがイイ!」として決めた以上、専門家は依頼者の希望に沿って業務をする他ありません。

まだご相談される前に、「自分は個人再生(民事再生)」をしたいと考えている方は任意整理で落ち着く可能性もありますので、まずは一度相談される事を強くオススメします。

記事
個人再生(民事再生)の事務所別費用一覧
タイトル
個人再生(民事再生)の事務所別費用一覧
説明
個人再生(民事再生)の事務所別費用について一覧にしました。
著者
メディア
債務整理ナビ.link
メディアロゴ

関連記事

  1. 個人再生と民事再生の違いとは?

  2. 個人再生(民事再生)と任意整理の違い

  3. 住宅ローン特則(住宅資金特別条項)はマイホームを維持する方法

  4. 個人民事再生

    個人民事再生とは?

  5. 個人民事再生

    個人民事再生のクイズ

  6. 小規模個人再生と給与所得者等再生の違いとは?【個人民事再生】

  1. 勝浦総合法律事務所

    勝浦総合法律事務所【本店:東京都港区】

    2018.09.28

  2. ゆきあかり法律事務所

    ゆきあかり法律事務所【札幌市】

    2018.09.26

  3. 奨学金の負債で債務整理を検討する男性

    奨学金の返済ができない!奨学金の負債は債務整理できる?

    2018.09.22

  4. 舞鶴法律事務所

    舞鶴法律事務所【甲府市】

    2018.08.28

  5. 大浦法律事務所

    大浦法律事務所【富山市】

    2018.08.21

  1. 自己破産

    自己破産の費用を事務所別に比較

  2. 任意整理

    任意整理の費用を事務所別に比較

  3. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題の費用を事務所別に比較

  4. 特定調停

    特定調停の費用を事務所別に比較

  5. 過払い金請求

    過払い金請求の費用を事務所別に比較

  6. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

アンケート