自己破産の費用を事務所別に比較

自己破産

債務整理ナビ.linkでは債務整理[任意整理,民事再生(個人再生),自己破産,特定調停]だけでなく、借金問題に関する情報についてできるだけたくさんの情報を閲覧される方に網羅していただく為に随時更新に努めています。

今回の特集は、自己破産の費用について、弁護士事務所と司法書士事務所をそれぞれ列に分けて一覧表示にして作成しました。

※自己破産の事務所別費用一覧についての注意事項
・その他手数料が掛かることが予想されますので、あくまで目安としてお考えください。
・債権額に応じた費用設定を設けている事務所が数多くありますので、みんなが同じ費用ではありません。
・最新の情報を掲載する事に努めていますが、事務所側で予期せぬ変更がある場合があります。

債務整理の中で、もっとも債務の減額幅が大きい手続きですが、当然借金がチャラになるだけで事が終わる訳ではありません。

手続きを依頼するからには自己破産とは言えど費用は付き物であり、任意整理や個人民事再生では賄えきれない経済状況であれば、もっともこの手段こそが借金問題解決策として選択されます。

しかし、取る手続きはすべて債務者の意思表示によって行われるものですから、専門家に自己破産を勧められても断る事もできますし、自己破産以外の債務整理方法を選択する事も可能ではあります。

自己破産を選択する事に対して躊躇する方は非常に多いと聞きますが、実は私の知人も自己破産をし、今では前向きな生活の営みを取り戻しています。

司法書士事務所の自己破産に関する費用比較表

司法書士は自己破産を扱えないとする情報を掲載している比較サイトが一部で見受けられますが、実は司法書士事務所でも自己破産の案件を受注する事はできます。

具体的には、司法書士には代理権が無いものの必要書類を作成する事だけが司法書士の仕事であると紹介されがちですが、代理権が無いだけであって、免責決定を得るまでのトータルサポートを行ってくれるのです。

司法書士事務所着手金報酬金報酬合計額別途諸経費の有無
おおぞら司法書士事務所0円170,000円170,000円有り
司法書士斉藤事務所0円200,000円200,000円有り
司法書士法人杉山事務所0円250,000円250,000円有り
アヴァンス法務事務所0円250,000円250,000円有り
アース司法書士事務所0円250,000円250,000円有り
ウイズユー司法書士事務所0円250,000円250,000円有り
新大阪法務司法書士事務所0円250,000円250,000円有り
アヴァンスレディース0円250,000円250,000円有り
司法書士法人 はたの法務事務所0円300,000円300,000円有り
しおり綜合法務事務所0円350,000円350,000円有り
ウォーリア法務事務所askaskask有り
司法書士法人みつ葉グループaskaskask有り

弁護士事務所の自己破産に関する費用比較表

自己破産の手続きを進めていきますと、裁判所に出向く必要が求められる事がありますが、弁護士は司法書士とは異なり代理権を有しますので、弁護士に一任して手続きを任せる事ができます。

その為、司法書士における自己破産の費用と比べますと高くなる傾向がありますが、これは自己破産だけでなく他の債務整理方法につきましても言える事です。

弁護士事務所着手金報酬金成功報酬報酬合計額別途諸経費の有無
イストワール法律事務所0円285,000円0円285,000円有り
新都心法律事務所200,000円0円100,000円300,000円有り
アース法律事務所300,000円0円0円300,000円有り
Duelパートナー法律事務所300,000円0円0円300,000円有り
弁護士法人東京ロータス法律事務所200,000円200,000円0円400,000円有り
名村法律事務所200,000円200,000円0円400,000円有り
弁護士法人アドバンス200,000円200,000円0円400,000円有り
おしなり法律事務所0円450,000円0円450,000円有り
弁護士法人サンク総合法律事務所0円0円450,000円450,000円有り
そうや法律事務所300,000円200,000円0円500,000円有り

自己破産の事務所別費用についてのまとめ

債務整理の中でもっとも債務の減額幅が大きい自己破産について調査しましたが、やはり代理権を有する弁護士に依頼すると司法書士に比べて費用が高くなるという傾向が見受けられます。

自己破産をする事で借金が無くなり、返済する必要もありませんが、自己破産を依頼した事による事務所への支払いが無くなる事はありません。

冒頭でご紹介した様に、債権額によって報酬が高くなる傾向にありますので、とくに多額の借金を抱えている方は任意整理では解決が難しく、自己破産を選択せざるを得無いケースも想定されます。

no name
それにしても、司法書士・弁護士どちらかに自己破産の手続きをお願いしても・・・数十万円という高額な費用が掛かるものなのですか?
DEBT博士
これをデメリットとして捉えたとしても、債務が0円かつ返済する必要が無くなる、そして費用は分割で支払う事ができるというメリットは、そのデメリットを上回るものがあります。
自己破産の費用以外でのメリットとデメリットにつきましては、自己破産とは?でご紹介しています。

自己破産を比較検討している方の中で、費用が一番の基準となっている方は司法書士事務所に申し込みをする事が念頭になってしまいがちですが、ここで弁護士との業務内容の違いについてもう一度確認しておきましょう。

司法書士と弁護士における業務内容の違い

自己破産という手続きは債権者から同意を得る手続きというよりも、裁判所から免責決定をいただく形になりますので、当然裁判所との書類等の手続きが必要となります。

裁判所での手続きの中で、債務者が裁判所から呼び出しを受ける事もありますが、弁護士に依頼していれば弁護士が代理人として出向いてくれます。

債務者の事情によっては免責が下りないという可能性も0%では無い事から、免責を確実に得る為に弁護士に依頼するという強みもあるでしょう。

また、任意整理の費用と比べ、ホームページ上では料金について公にしていない事務所が幾つか見受けられました。

これは自己破産に関して数十万円という報酬設定である事から、比較検討者がその事務所に対して問い合わせをする気持ちを削いでしまう可能性がある事、または自己破産を案件としてなるべく請け負いたく無いとする意向も少なからず感じさせます。
記事
自己破産の事務所別費用一覧
タイトル
自己破産の事務所別費用一覧
説明
自己破産の事務所別費用を一覧にしてまとめました。
執筆者
メディア
債務整理ナビ.link
メディアロゴ

関連記事

  1. 自己破産

    自己破産のクイズ

  2. 自己破産

    自己破産とは?

  3. 自己破産という債務整理方法の選択に戸惑っている方へ

  4. 自己破産後の生活

  5. 自己破産は保証人(連帯保証人も含む)に対して迷惑を掛ける債務整理

  6. 自己破産→保証人(連帯保証人も含む)への請求はすべて一括払い

  1. クレジットカードと債務整理について

    クレジットカードと債務整理について

    2018.06.12

  2. 時効援用とは?

    時効援用とは?

    2018.06.11

  3. 任意整理

    任意整理とは?

    2018.06.11

  4. 個人民事再生

    個人民事再生とは?

    2018.06.11

  5. 自己破産

    自己破産とは?

    2018.06.11

  1. 自己破産

    自己破産の費用を事務所別に比較

  2. 任意整理

    任意整理の費用を事務所別に比較

  3. 闇金被害問題相談

    闇金被害問題の費用を事務所別に比較

  4. 特定調停

    特定調停の費用を事務所別に比較

  5. 過払い金請求

    過払い金請求の費用を事務所別に比較

  6. 個人民事再生

    個人再生(民事再生)の費用を事務所別に比較

アンケート